こちゃろぐ

情報シェアリングブログ

糖質制限と筋の柔らかさ 思わぬ効果!

毎日密かに続けていたストレッチ
今日で大体、半年くらいになります
子供の頃から、身体がかたく、部活動の時も、柔軟の時間に震えていました

ストレッチなんか大嫌い、その原因

小学校の頃は、先生とのストレッチで泣かされることも、、、

そんな私が、今はほとんど毎日ストレッチを続けています

続けるきっかけになったのは、『糖質制限』です

現在は、糖質制限がかなり流行ってきており、体質改善を目的に現在もゆるく続けています。

この糖質制限については、一年くらい続けています。

なぜ、この糖質制限とストレッチが繋がってたというと身体の『糖化』がキーワードになります。

この糖化は主に『AGEs』(最終糖化産物)が原因となり、老化の原因物質にもなります
[アンチエイジングと密接な関係がある"糖化"のメカニズムと"抗糖化" | 抗糖化コラム | リバーシティクリニック東京 東京都中央区佃・月島>>
出典元:医療法人社団わかと会 リバーシティクリニック ホームページ


AGE sは、身体のなかで、タンパク質と余分な等がむすびついてタンパク質が変性して、AGEsという物質になります。

このタンパク質は、例えば関節の軟骨、皮膚にあるコラーゲン、髪の毛などにも関連があり、AGEsの蓄積が起こってきます。

このAGEsは、細胞の炎症を引き起こしますので、血管などの組織にダメージを与えてしまいます。

ダメージが蓄積されれば、身体はもろくなり、慢性的な痛みを引き起こす原因となります。

またこのAGEsは組織の変性を起こすことが、分かっており関節や筋肉、筋膜などの柔らかさをなくしてしまうそうです。

小さい頃から、菓子パンやコンビニおにぎりで育ってきたような私は、これが原因でかたくなっていたんだなー、と。

それに気づいたのが糖質制限しはじめて半年くらいのころ。

いざストレッチしてみると『あれ、あまり痛くない』とプラセボもあると思いますが、これなら続けられると半年間続ける事が出来ています。

今の柔らかさ

現在ではこんな感じ
f:id:kazu532120:20180317065608j:plain

はるか遠くに感じていた、床にもつき、朝一番でもこれくらい柔らかくなりました。

綺麗な姿勢は、綺麗な心を作るそうです。

心が変われば、姿勢が変わる。

姿勢が変われば、心が変わる。

180度開脚を目標に続けていきます。

今日は、友達に会いに、横浜まで行ってきます!

最後までありがとうございました。