こちゃろぐ 古茶と申します。

雑記録 袖ヶ浦 理学療法士 健康 食品 ボディワーク 猫と時々写真

睡眠の質はどう高める? 大事な健康習慣その②

こんばんわ、古茶です。
今日も、暖かくて過ごしやすかったですね。
昨日より温度が高いとはいえ、風もあり雲も出ていたので、外に行くにも気持ちよかったです。

前回のおさらい

kazu5321.hatenablog.com

前回は、睡眠について体温が大事ですよー。ってお伝えしまた。

現代は、過食、添加物、砂糖の取りすぎなどで、腸が冷え切っている方が多くいるそうです。

そのため、体温を高く維持できず消化も上手くいかない。

消化も上手くいかなければ、排泄も上手く行きません。

その結果、悪いものが溜まっていき、さまざまな症状が出現してく来ます。

睡眠も関係しており、寝る前の1〜2時間程度が一番体温が高く、そこから少しずつ体温が下がって行くことで睡眠につながります。

気になった方は上の記事をぜひ、読んでみてください。

寝る前の習慣 意識の変容

f:id:kazu532120:20180401084152j:plain
寝つけない、眠くならないという方は、意識を変えると結構変わってきます。

寝付けない時には、いっそ『寝なくていいや』と思うことです。

例としては極端ですが、『寝なくてはいけない』という義務感に狩られて寝ようとすると、より一層眠れなくなります。

寝るための習慣として、羊をかぞえるのがありますよね。

羊が一匹

羊が二匹

羊が三匹、、、

数えて行くうちに、いつのまにか寝てしまうというやつです。


これは、『寝るというのを意識しない』という点では、うまい活用方法だと思います。

どうしても、寝つきが悪い方にとっては、寝れないということで、どんどん焦ってしまうことが良くないのです。

そのため、寝れない時には何か他に夢中になれるものを探してみるといいと思います。

でも、そこで携帯をいじってしまっては元も子もありません。

携帯電話などの強い光には、覚醒作用があるからです。

なので、寝れないからといって、電気をつけたままスマートフォンをいじっていてはどんどん眠れなくなってしまいます。

おすすめは読書です。

気になった本や小説を探してみてください。

寝る前の勉強は、脳内で整理されていくのでとても良い習慣になると思います。

寝なくてはと思い床につくのではなく、なにか作業しながら定時になって床につくようにしてみてください。

習慣になると、時間になれば眠くなるはずです。


最後に

はてなブログPROにしました。

理由は、記事を書くのに少しは慣れたこと。

30日間無料期間があったので、お試しできること。

広告をいじってみたかったことが理由です。

少し、操作が変わり今日は記事を書くのが、遅くなってしまいました。

これから、筋トレしてきたいと思います。

最近はもう少しでフットサルの試合があるので、ドリブルも筋トレのルーティーンに入れてます。

素人ながらせめて、ボールを見ないでドリブルはできるようにと毎日頑張ってます。笑

デザインや書き方等変わるかもしれませんがお付き合いください。

最後までありがとうございました。