こちゃろぐ

情報シェアリングブログ

受動喫煙についての検討

おはようございます、古茶です。
昨日は結局、ドメインとブログがどう繋がるか理解できず、苦労しました。
多分設定は、完了したと思います。
ゆっくりPROを使いこなして行きたいと思います。

受動喫煙

f:id:kazu532120:20180403223042j:plain
非喫煙者からすると、気になるこのワード。

私自身も非喫煙者なので、結構気になります。

喫煙者自身が吸う『主流煙』。

非喫煙者など喫煙者の周囲にいる方が吸うことになる『副流煙』。

テレビや雑誌などでも良くやっているように、主流煙を吸うより副流煙を吸う方が、ニコチンやタール、一酸化炭素をより多く吸うことになってしまいます。

分煙が進んできた、現在でも歩きタバコやお酒の席では結構気になりますよね。

分煙社会

喫煙後45分間 エレベーターの利用禁止 奈良 生駒
出典元:NHKニュース
URL:https://t.co/plccl2SKN5


結構気になるニュースですよね。

喫煙者には特に『えっ』ってなるのではないでしょうか。

でもやっぱりタバコを吸った人とエレベーターにのると、やっぱり匂いは感じますよね。

有害物質が45分間も出ていたなんて、、、

元の煙の比ではないんでしょうが、原著論文や研究結果があれば、また記事にしようと思います。

運動が大事

結局は、上のニュースでもあったように、少しの運動や習慣が大事になってきますよね。

喫煙者では気になるのは、肺活量の低下。

タバコを吸ってると動けなくなるよーって言われているやつです。

ニコチンの血管収縮作用や一酸化炭素による酸欠状態が原因となっています。

これが、原因で呼吸困難や慢性的な気管支の炎症を起こしてしまいます。

慢性的に酸欠なのですから、体に負担がかかるのは容易に想像できますよね。

タバコを吸った分、少し運動する。

タバコを吸おうと思った時間を運動に当てる。

タバコの時間を勉強に当てる。

だけでも、タバコの本数は減るはずです。

喫煙所でのコミュニケーションは貴重なものもあるかもしれませんが、どうせなら副流煙を吸い合うのではなく、効率よく仕事をして趣味や美味しいご飯を一緒に楽しみたいです。

最後に

ブログを書くのを楽しみにしていると、結構時間管理も気にするものですね。
現在は一日2記事書けていますが、記事数ではなく、内容にこだわっていきたいです。
目標は、私のまわりの誰か1人をターゲットにする。
その人が欲しい情報は何かを考え、記事にできればいいなと思っています。
そうやって考えた記事だと、みなさんにも為になる記事になるのではないかと思っています。

今日はブログをはじめて2週間目です。
夜にはその感想でも書こうかなと思います。
最後までありがとうございました。