こちゃろぐ 古茶と申します。

雑記録 袖ヶ浦 理学療法士 健康 食品 ボディワーク 猫と時々写真

視点が180°変わる

どうも、古茶です。

久しぶりに挨拶やりました。笑



昨日は1日2記事更新できたので自分を褒めたいと思います。

継続は力なり!ですね。

今回は、タイトル通り『逆立ち』について。

そのまんまでごめんなさい。

でも、せっかくだから最後まで見ていってください。

見てくれた人は逆立ちの魅力に惹かれていくかもしれません、、、、

逆立ちってどんな効果?

f:id:kazu532120:20180412232133j:plain
普段逆立ちしている人っていますか?

習慣になっている人、癖になってしまっている人。

どうですかね。

気になる方にはぜひ、オススメしたい健康習慣の一つです。



では、私の思う逆立ちのメリットについて

①視点が変わる。

②腕、体幹が鍛えられる。しかも短時間で。

③バリエーションが多く、アレンジができる。

④身体の無理しているところに気づける

⑤バランスが鍛えられる。

⑥楽しい。

⑦忍耐力がつく。


それでは、一つ一つ説明していきます。
この記事では③までにしましょう!


① 視点が変わる。

www.sankei.com

出典元:産経デジタル

まさにこれですね。

逆立ちをすることで、普段見ているものが違って見えます。


と言いたいところですが、逆立ち始めた頃なんかはそんなこと言ってられません。

結構必死です。

私は柔道をやっていたのもあり、逆立ちは得意な方でしたが、それでも30秒もやると疲れていました。


視点が変わるというのは、何か考え事をした時、思い詰まった時にリセットする。

もしくは、視野を広げる、見つめ直してみるという意味で有用です。

逆立ち自体何か考えながら行うのは、レベルが高いので最初は必死になるでしょう。

それがいいんです。

勉強し疲れた時、悩んでいる時、何かわからないけど動きたい時。

ぜひやってみてください。

何かに必死になった後は、頭が一度整理されるはずです。



② 腕、体幹が鍛えられる。 しかも短時間で。

f:id:kazu532120:20180412233710j:plain

この後怪我しました。

後悔はしてません。


上に書いた通り、短時間でかなり疲れるんです。

常に、体重かかっている足と、体にぶら下がっている腕。

筋力があるのは足ですよね。

体重がかかっている分、勝手に力を使うんです。

筋力がつけば、その分痩せやすくなりますし、余分な脂肪も燃焼されやすくなるでしょう。

二の腕が気になる方はぜひ初めてみるのをオススメします。


慣れてくるとコツを掴んで、筋力をあまり使わなくなるんですが、最初は逆立ちだけでも結構効果あると思います。

そして、腕で支えることになるので、必然と猫背の改善にもなります。

猫背は腕が前に行くことが多いですから、その逆をやればいいわけです。

簡単ですね。

デスクワークでは特に、猫背になりがちです。

猫背の改善は綺麗な姿勢を作り、効率的な運動を行わせてくれます。

筋力アップと効率的な動きで体が軽くなることでしょう。


③バリエーションが多く、アレンジができる。

f:id:kazu532120:20180412234645j:plain

少し、逆立ちやりたくなってきました?

今回は③まで。

もう少しお付き合いください。

少しやりたくなった方にもオススメ。

写真の通り、三点倒立でもいいんです。

十分、腕も鍛えられるでしょう。

首を痛めないようにだけ気をつけてください。

最初は壁を使って行うことをオススメします。

大事な首と体を守ることにもなるので、慎重にやりましょう。

三点倒立が長時間できるようになったら、壁なし。

壁なしでできるようになってきたら、壁を使って逆立ち。

という風に段階付けてやってみてください。



注意点と最後に

高血圧や激しい運動を控えるように言われている方は注意してください。

行う場合は医師に確認をとったほうがいいでしょう。

あくまでも、自己責任になってしまうので、気をつけてください。

需要があるなら、動画や写真でも送っていただければチェックします。笑

私と一緒に綺麗な逆立ち目指しましょう。



それでは、続きはまた今度。

最後までありがとうございました。