いつでもできる姿勢改善 『軸を持つ』

外見について、とても重要な姿勢。
意外と気にしている人は多いと感じます。
今日はいつでもできる、姿勢改善法について。

人の印象

人は、第一印象でほとんどが決まる。

と言われていますが、その重要な第一印象でも重要な点である『姿勢』についてです。

この姿勢は、結構気にしている人はいると思いますが、『何が基準かわからない』っていうことばもよく聞きます。

良い姿勢にしようとした結果、腰を反ってしまう、全身に力が入ってしまう。

正しい基準がわからないと、良いことをしているつもりが

腰 膝 肩 の痛み、慢性的な疲労感

の原因になってしまいます。


そのため、今日はその基準について。

『左右の重心を知ろう』

やり方は、立位、座位、仰向け等どれでもいいですが、今回は立っている姿勢について。

①左右の重心位置を知ろう

まず立っている姿勢から、足の裏から感じる圧に意識を向けてください。

そこから、左右の足の裏から感じる圧の左右差を感じます。

②左右へ重心移動しよう

それができたら、左右へ重心を交互に移しリズムよく揺れて行きます。

右への体重移動

左への体重移動

交互に行いなるべく力を抜いた状態。軽く行えるまで、右、左と揺れていきます。

③軸を見つける

最後は、自分の軸をみつけます。

左右への重心移動をしたあと、その移していた体重を左右均等にしていきます。

足の裏から感じる左右の圧を均一にしていく。

それができたら、体に意識を向けて自分の体重を左右の足の真ん中に落とします。

f:id:kazu532120:20180322231811j:plain

こういうイメージ。


まずは、この3ステップをやってみてください。

自分のくせ、どっちに体重がかかっていたか、どこに力が入っていたかについて、気づくきっかけになると思います。

これを気づいた時に行う習慣をつける。

慣れてくると、すぐに『軸』を見つけられます。

f:id:kazu532120:20180322232739j:plain
バネも曲がっているより

f:id:kazu532120:20180322232820p:plain
まっすぐの方がはねますよね。

きちんと立てているときは、勝手に姿勢が良くなる方向がわかるはずです。

ずっと付き合っていく、体なので自分でコントロールできるようになれるよう、試してみてください。


最後までありがとうございました。