価値観の違い 人との違いを気にしない。

おはようございます。古茶です。

最近検索からのアクセスが増えてきているので少し嬉しいです。


ちなみに、グーグルアドセンスは承認がまだまだのようです。

記事数だけ増えていきます。

こういうのもあるんですね。







意外と広告の量もおおくて、自分自身が気になるようなものが多いので、勉強になります。

どうせなら、おもしろい広告を貼っていきたいですね。

価値観ってなに

今回は、本を読んだり、ニュースを見たり、人と話したりする時に感じる価値観について。

この職業になってから、さまざまな職業の方と関わって行く中で感じるようになりました。

特に、脳機能とかを勉強するようになると、その価値観や性格って結局なにが決めてるんだろう。

というような道徳的な面でも考えるようになりました。

もちろん、洞察力に優れている訳ではないので、分析が正確にできる訳ではないのですが、色々な刺激があると思うところがたくさんあります。

その人それぞれの思いがあって、その人が一番大事にしているものや、その人の育ってきた環境下で価値観って決まると思います。

その価値観を共有できる場や、理解してくれる人がいるというのはとてもありがたいことです。

しかし、反対に自分を理解してくれない、反論してくるような人とはどうしても衝突をしてしまうものです。

今日はそういったことを和らげるコツについて。

新生活を始めた、ストレスが多い人にも役立つと思います。

それは青色ですか。

f:id:kazu532120:20180408231223j:plain
これは、脳機能などでは『クオリア』というようですが、改めて考えると不思議なものです。

自分では当たり前の概念が他の人とは違った。なんてことになりますからね。

いわゆる現象に対する自分の感覚経験のことみたいですが、難しくて十分に理解していないのが現状です。


私なりの解釈では、物事に対する自分の判断や感情のこと。

その判断に至った思考過程や発生した感情は、その人の周りの環境や生育歴から生まれるのです。

そのため、自分自身が当たり前と思っていたことも、他の人から見ると当たり前ではない、ということが起こるのです。


そこで最初の『それは青色ですか』という問いに戻ります。

あなたが見ている青は間違いなく青です。

しかし、その青は他人と一緒の青なんでしょうか。

もしかしたら人によっては、あなたの思う赤なのかもしれません。

『他の人の赤』=『あなたの青』

となる訳です。

ただし、表現は同じく『青』です。

難しいですよね。

同じ表現でも、実際は見えているもの、あなたが思っていることとは違う可能性があるのです。

私もこれを見たときには、思考が止まってしまいました。

少し、考えたのち『なるほど』と思いました。

だから人は自分の思っていることを確かめるために、人と話すんです。

確かめあう行動を取りたくなるんですね。

それが安心を生み、意思統一機構のようなものが生まれるのです。


AIの今の課題

f:id:kazu532120:20180407134243j:plain
このロボット結構かわいいので、使っちゃいます!笑

AIではこの表現がまだできないみたいですね。

その人それぞれに概念ですから理解するのには時間がかかるのでしょう。

もしくは、数式的に算出できても、表現が難しいのでしょうか。

ただ、それも時間の問題のようでAIが表現できるようになる時代が来るみたいですね。

技術の発展は驚くものです。

人と違うのは当たり前

私はこれを常に思っています。

もちろん、思考が似たような人はたくさんいますし、私の考えに賛同してくれる人もいます。

ですが、似たような人でもどこかで異なる点はあるはずです。

人と人なので、それが当たり前だと思います。

育った環境、出会った人、現在の環境など経験が違うからです。

気が合わない人がいるのは当たり前で、それに気を使うのは自分にとってストレスでしかないと思います。

職場や近所の人、どうしても合わなくてはいけない人がいる。

それがあなたのストレスとなっているのであれば、この思考を持って見てください。

自分との違いなど当たり前だ。と割り切ってしまいます!

あなたと他人との違いがあるのは当たり前。

理解してくれないのは当たり前!

とまず思うことが大事だと思います。

これを思うことで、ストレスはかなり軽減されるはずです。


価値観の違いをみつけたら

f:id:kazu532120:20180408234627j:plain
思考を切り替えたら次のステップです。

気が合わない人やストレスになっている人との違いがなにかを客観的に見てみてください。

気が合わない理由を自分なりに考えて見るだけでいいです。



例えば気が合わない上司がいて、何かにつけて怒ってくるとしましょう。

それは、なぜ怒っているのか。

自分が思っていたこととなにが異なるのかを見つけていきます。

もしかしたら、『自分ならこう行動するのに』というような選択の違い

『自分ならもう少しやれるのに』というようなスキルの違い

『上司とはこういうものだ』というような上司の定義の違い

『威厳をとりたい』とうような立場を保ちたいが故の行動

なのかもしれません。

例として多く挙げれば限りなく上がるかもしれませんが、ぱっとは浮かばないのでここまで。

なんで、怒っているのかについて考えればそれだけでも、少しは考えや感じることがわかりやすくなります。

ストレスの軽減につながるでしょう。

ぜひ、実践してみてください。

最後に

今回の価値観については、土曜日のアルバイトのときに感じました。

私はアルバイトで、外来患者のリハビリをしているのですが、物理療法というのも行います。

電気治療を行うのに、つける部位が決まっているのですが、人によって部位の表現が違うのです。


私が『背中につけますねー』というと『そこは腰だよ』と

あー、そうなんだと思い次は『腰に当てますねー』というと『そこは背中でしょ』と

人の体という限られた表現の中でもこれだけ違うのですから、出会った人毎に表現や感じることがちがうのは当たり前だと思います。

すごく、勉強になりました。

ありがとうございます。

私は、背中で押し通します。

最後までありがとうございました。

今日は、夜に予定があるので更新がないかもしれませんが、次の日には書こうと思います。

1日頑張っていきましょう。



ストレスについての記事
www.kazu5321.com