【病院は患者を作る!?】日々の積み重ねが健康を作る!

f:id:kazu532120:20180515212442j:plain
病院は患者を作る。

こういったニュアンスの本って結構出ていますよね。

書店で見かけると、読まずにはいられません。


常識だと思っていたことが、考え方や視点の違いで、常識と思われない。

思想というのは自由で、常識においても、考え方や見る視点で違うのは、当然だと思います。


様々な情報が溢れている現代。

今後は、情報を持っていることが大事なのではなく、どう使うかが重要だと思います。

今回の記事は、情報をどう使うか、現代の治療の考え方について書いていきます。

自分の考えは間違いだった?

f:id:kazu532120:20180515212705j:plain

自分が正しいと思ったことが、実は違っていた。

こういうことは、勉強しているうちによく経験する場面です。


でも、自分の思考や感情については、間違いはありません。

自分が正しいと思ったことは、自分が持っている情報や、環境によって導かれているはずだからです。


情報社会と言われている現代。

検索すれば、すぐに答えが出せる疑問も少なくないはずです。

情報をうまく活用できる環境を作っていきましょう。

認知症関連書籍

例えば、多く周りにいるはずなのに、情報を持っていない人が多いと感じるのが認知症。

私が最近書店でみかけた本はこちら。





2つとも認知症関連の本です。

認知症については、高齢化社会に伴い、患者数が増えています。

全国の65歳以上の高齢者について、認知症有病率推定値15%、認知症有病者数約462万人と推計 (平成24 年)。 また、全国のMCI(正常でもない、認知症でもない(正常と認知症の中間)状態の者)の有病率推定値13%、MCI 有病者数約400万人と推計(平成24年)。
出典元:http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000065682.pdf

平成24年の段階で、65歳以上の高齢者のうち、7人に1人が認知症。

今後、さらに増えていくことが示唆されています。


認知症についての知識は、上記に示した通り、増加することが示されているので、知識をつけておいて損はないと思います。

知識を持っているだけでも、認知症を持っている方との関わり方が、大きく変わるからです。


関わり方で、認知症の人の振る舞いは変わります。

その結果、介護負担や迷惑行動等が減ることも多いです。

患者本人、その周りの家族や介護者で、相互に良い環境作りをすることが望まれます。


こういった取り組みもあるので、ぜひ興味があれば目を通して見てください。

認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン) |厚生労働省


よりよい環境作りを、自分から行動していく。

でできることから、始めるのが大事だと思っています。

歩くだけでもボケ防止に。『社会参加の新しい形』 - こちゃろぐ



情報リテラシー

f:id:kazu532120:20180515212759j:plain
これも、話題のキーワード。

その業界の情報を、どれくらい持っているかについても大事ですが、どう使うかがもっと大事。


『情報リテラシー』

恥ずかしながら、最近この言葉を知りました。


情報をいかに集めるか、情報が集まる環境をどう作るか。

これが大事になってくると思います。

何度も伝えますが、得た情報をどう使うかが重要です。


情報が集まる環境を作るためには、アウトプットをして、まずは知ってもらう事が大事だと感じています。

得た知識を自分なりに解釈し、それを深めるためにアウトプットする。


知識をつけるには書籍を見る、人に教えてもらうのが一番だと思い、行動していました。

確かに知識をつけるのには、それで十分ですが、それだけだと情報を持っているだけになってしまう。

自分の知識として使うには、自分なりに解釈し、他者にも伝えられる形にならないと、勉強をしても意味がないと感じるようになりました。


健康格差

f:id:kazu532120:20180515212944j:plain
これについては、これからさらに広がっていくように感じます。

知識を持っているかどうかで、正しい情報の判断が出来るからです。

特に健康習慣に関しては、日々の積重ねが大事です。

以前も健康習慣については記事にしています。

【人生100年時代】日々の過ごし方で寿命が決まる。プラスになる健康習慣。 - こちゃろぐ


どんな情報をもっているかは、ネットワークの発達によって、価値が少なくなっています。

これからは、情報を日々積み重ねていき、活用できているかが重要になってきます。

健康も誰かに作ってもらうものではなく、自分で積み重ねていくものです。


病気になる道へ、自分で選択しているのかもしれません。

もちろん、先天的な病気、外傷などは、病院で治療する方法が第一選択になると思います。


自分自身の生活を見直して、直せるところを修正していく。

それを積み重ねていくのが健康への近道です。



患者は患者になるべくしてなる

f:id:kazu532120:20180515213117j:plain

病院に行けば、診断名がつけられるので、治療をしてもらえます。

その治療の内容は、薬の処方、外科的処置、注射などなど。

症状に対しての治療をしてもらえます。


その治療によって、多くの人が救われています。

しかし、この治療の問題点は、症状のみにフォーカスを当てていることです。


根本的な病気になったプロセスに着目せず、治療を行うことがほとんどです。

症状のみにフォーカスを当てた治療では、病院に定期的に通うか、薬を飲み続けなければいけません。


薬を飲み続ければ、身体に負担がかかります。

その負担に対して、また薬の処方がされる。

薬剤が増えればその結果、身体への負担が強くなります。


多剤大量療法などと表現するようです。

もちろん、必要な場合もあります。

避けたいのは、訳もわからず薬を飲み続けること。


今は、薬のアプリなどもありますから、薬については簡単に調べられます。

自分の体への影響を知っておく。

処方されている薬についての知識をつけておくのは、損がないと思います。


医療において、『治療してもらう』という認識は、すぐに捨てた方が良いと感じています。


まずは、自分自身で健康管理をする。

それでも難しい場合は、補助してもらうなど、他者の支援を受けるのがいいと思います。



何が良いかわからない方は、まずは何かを初めてみることをお勧めします。

その結果、なにかが得られるはずです。

健康については、ほかにも記事にしているので、以下で気になるワードがあれば、調べてみてください。

質問があれば、私が答えられる範囲でお答えします!!

わからなければ、一緒に勉強しましょう!笑


メタボは気持ちも変える 適正体重は幸せへの近道 - こちゃろぐ

幼少期から病気の予防 未来のリスクが分かるかも - こちゃろぐ

脳細胞が増える? 脳細胞は減るだけじゃない。 『注目ニュースと脳細胞に良い習慣3つ!』 - こちゃろぐ

とりあえず、3つあげてみました。

アドバイス、意見、異論・反論、大歓迎です。

頂いた情報が良い刺激になります。



『健康意識』

正しい情報を、うまく使える環境づくりをしていきたいです。

最後までありがとうございました。