【大人になっても首が座らない?】意外な疲労の原因。

f:id:kazu532120:20180524131857j:plain
子供の成長を表すのに、首が座る。首が安定する。こういった表現をしていますよね。

これは、成長に伴い色々な感覚刺激に対応できる状態を指します。

重力方向に対して、首をコントロールできる能力ができたというわけです。



首が座ると、寝返りができたり、座れたり、立って歩く事ができます。

皆さんは、首を意識的に動かしてますか?あるいは、自分でコントロールしてますか?


この首のコントロール。首が座って安定した時期を過ぎると意識的にコントロールしなくても良くなります。

その結果、運動や作業に集中できるわけです。


今回は、この首が座った後の話。

もしかしたら、意外な疲れの原因になっているかもしれません。

慢性的な肩こりは首との関連は想像しやすいかもしれませんが、腰痛、眼精疲労の原因にもなっているかもしれません。


どういったことがこれらの症状を引き起こしているのか説明していきます。

首が座ると出来ること。

赤ちゃんが首が座るのは、だいたい三ヶ月程度。

成長により異なりますが、これくらいの時期だと言われていますね。



この首が座ることによって、寝ている時に自由に首を動かせたり、刺激に対して顔を向けることができるんです。

首が座る前には、コントロールできないため、興味があるものがあっても顔を向けることができません。

あるいは、その刺激を意識することができなくなるんです。


自分自身で安定できないので体を保つのに必死な状態です。

赤ちゃんが床で、足や手をばたばたさせるのは、安定しよう!感覚を体に入れよう!としているんです。


その結果、あの愛らしい行動を取っています。

さまざまな感覚が入ることで、それが統合されていきます。

色々な感覚が入ることで、体と脳に良い刺激が入り成長して行くわけです。


その感覚を元に、体の定位を行い、運動をすることができます。

多感覚統合にも関連していますね。

関連記事>多感覚統合 脳科学の発展 - こちゃろぐ


首が安定することで、色々なところに目を向けることができます。

目を向けられると、また新しい刺激を感じることができ、赤ちゃんの成長に繋がっていきます。



首が安定すると顔を動かせる。


大人は気になったものに顔を動かせます。びっくりしたら、すぐにその方向に対して、顔を動かすことができますよね。

しかし、首が座る前の赤ちゃんは、顔を十分に動かす事ができません。

これは、安定する場所がないからです。


人は、常に反力を使いながら体を動かしています。

首を動かす時にも、同様です。

体験するには、その場で顔を左右に向けて見ると分かりやすいと思います。


少し体験してみましょう

顔を右、左に向けてみてください。

その時に顔を向けた反対のお尻に体重が乗るのがわかると思います。

立っている人は反対側の足に体重が乗るでしょう。


つまり、顔を向けるためには、反対側の足やお尻に、充分に体重をかけられる状態になっているかどうか、これが重要なんです。


首をよく寝違える人。慢性的な肩こりはこれが原因かもしれません。

よく寝違える方向と反対の足、体幹に機能不全があるかもしれないということです。



顔を動かすには、首が安定する必要がある

f:id:kazu532120:20180524133254j:plain
顔は1番上にありますよね。

この頭部、結構重いんです。

体の10%程度が頭の重さ

体の10%ということは、60kgの人は常に6kg程度の重りが上に乗っているということ。

きちんとした位置に頭がないと、首に負担がかかるのは容易に想像できますよね。

少しずれるだけでも首には多くの負担がかかってくるのです。


頭の位置に関しては、他にも記事を書いています。


関連記事>【痛みは仲間?】痛みについての認識を変えよう。考え1つで慢性疼痛が軽減していく。 - こちゃろぐ

関連記事>大事な体を守る 健康習慣 『首姿勢を変えると痛みが消える』 - こちゃろぐ

関連記事>頭頂の意識で体が整う。FRT体験会シェア!無意味な筋トレを辞めて、効率的な身体づくりを。 - こちゃろぐ



頭は、体の上。

体は、骨盤の上。

骨盤は、足の上。


頭は積み重なったものの上に乗っかっているんですね。

ぐらぐらの、だるま落としはすぐに崩れてしまいます。

石を積み重ねる時も土台が肝心です。

f:id:kazu532120:20180524125631j:plain


だから、足のコンディショニングも大事なんですね。

今はインソールなんかが重要視されています。

海外は室内でも靴を履く文化が多いようで、そういったことからも昔からインソールの大事さが語られてきたそうですが、現在は日本にもそういった流れが来ています。


首も守るインソール

インソールって何?

インソール=中敷です。

足底板とも表現されることがありますね。

これに関しては、大きく2つあると思います。


既製品の物 オーダーメイドの物


この2つですね。

既製品に関しては、今は100円均一にも売っています。

しかし、この既製品は体にあっていないものも多いため、慎重に導入することをお勧めします。

消臭を期待するならいいですけどね。

既製品での私のおすすめはこちら。

このインソール、スポーツショップなどでも売っていますが、まずは一度体験して見ることをおすすめします。

なぜなら、先ほど書いた通り相性があるからです。

このスーパーフィートは、ただ単にアーチをあげるだけの構造ではなく、足の機能解剖に基づき作られています。


また、ヘタレにくく長く使えるのも特徴です。

中敷を買ったけど中でずれてしまった。すぐにヘタれてしまった。というのを防げます。

ちなみに消臭効果もあります。


これを入れることで、足だけでなく肩の不調、首の不調、目の疲れも軽減するかもしれません。

理由は単純、全て足の上に乗っているからです。



首が座らない理由

ここで表現する首が座らないというのは、首をコントロールできていないということです。


人は、歳を重ねるにつれて、関節可動域が低下していきます。

これは、関節自体の変形や、組織の変性が関与しています。


関連記事>加齢に伴う軟骨の変化。ファイテンネックレスの効果を結合組織から理論化 - こちゃろぐ

関連記事>運動と食事は長生きの基本【研究結果からみるロジック】 - こちゃろぐ



特に、高齢者は回旋要素が低下します。水平面状の動きというものです。

そのため、歳を重ねると歩幅は低下するし、体は回らないし、腰が曲がるんです。


若々しい人は、よく体を捻ることができます。

ヨガでもねじりのポーズがありますよね。


この回旋要素は、首の大事な機能の1つなんです。

これが機能しづらい状態が、首が座らないという状態の1つ。



体でチェック

f:id:kazu532120:20180524133143p:plain
ここでチェックしてみましょう。

  1. 姿勢を良くして前を向く
  2. 顔は前を向いたまま、眼球だけ左右に動かす
  3. 今度は視点を固定して、顔を左右に動かす

どうですか?

ここで眼球を動かした時に、顔も動いてしまった人。

視点を固定して顔を動かした時に、うまく顔を動かせなかった人。

目が異常に疲れた人。


こういう人は、首が座っていない状態(コントロールできていない)かもしれません。

改善方法は簡単!

上記のテストを繰り返すだけ!


慣れてきたら、寄り目をしながら顔を動かす。

少し早めに眼球を動かす。

こういうのをたまにやるだけで、体が整うのを感じるでしょう。


日々の積み重ねが大事です。徐々に首をコントロールすることができるようになるでしょう。

ぜひやってみて下さい。


参考書籍

今回は、この書籍を参考にしました。

プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器系 第3版

前庭リハビリテーション めまい・平衡障害に対するアプローチ


最後までありがとうございました。