トランス脂肪酸についてWHOが言及 日本での対応は? 個人で健康は管理する。

f:id:kazu532120:20180615201714j:plain
油については最近注目されるようになり、さまざまな種類の油が出てきていると思います。

そんな中でも、悪者とされているのが『トランス脂肪酸』。

マーガリンやショートニングなどの、常温で固形の油が多く、飽和脂肪酸と言われています。

前回も油の記事で、そのことについては記事にしています。

脂肪の選択が健康に繋がる。『今話題の油』結局何をとればいいの? - こちゃろぐ



今回は、そのマーガリンやショートニングの生成過程において、含まれるトランス脂肪酸について。


トランス脂肪酸って?

ここでは、農林水産省から引用していきます。

不飽和脂肪酸には、炭素間の二重結合のまわりの構造の違いにより、シス型とトランス型の2種類があります。 トランス型シス型
シス(cis)とは、“同じ側の、こちら側に”という意味で、脂肪酸の場合には水素原子(H)が炭素(C)の二重結合をはさんで同じ側についていることを表しています。トランス(trans)とは、“横切って、かなたに”という意味で、脂肪酸の場合では水素原子が炭素間の二重結合をはさんでそれぞれ反対側についていることを表しています。
天然の不飽和脂肪酸のほとんどは、炭素間の二重結合がすべてシス(cis)型です。これに対して、トランス(trans)型の二重結合が一つ以上ある不飽和脂肪酸をまとめて「トランス脂肪酸(trans-fatty acid)」と呼んでいます。
出典元:すぐにわかるトランス脂肪酸:農林水産省

このようにあります。

このように、天然の油においては、シス型の脂肪酸が多いようですが、人口の油ではトランス型になりやすいそうで、この脂肪酸の摂取が問題視されています。


トランス脂肪酸摂取のリスク。

f:id:kazu532120:20180615201807j:plain
飽和脂肪酸の摂取と同時に問題になるのが、トランス脂肪酸の過剰摂取。

このトランス脂肪酸は、天然にも存在し、乳製品や肉からも取れるため、積極的にとる必要がないと言われています。

しかし、食品加工物のほとんどにこの、トランス脂肪酸が含まれており、その代表的なものがマーガリンやショートニングです。

菓子パンやお菓子にはほとんど入っているといってもいいでしょう。


最近は使用する原材料名について記載されていますが、その量については記載されていないのが現状です。

そのため、知らず知らずのうちに取りすぎていることが想定されます。


このトランス脂肪酸はLDLコレステロールを増やすことが知られており、摂取量の増大が動脈硬化を始め、さまざまな代謝の病変を起こすことが示唆されています。


肥満は万病の元

肥満は、余ったエネルギーが身体に溜まってしまっている状態。

血中内の脂肪酸濃度が高まることにより、脂肪毒性が上昇することが指摘されています。この脂肪毒性とは何かというと余った脂肪が、様々なところで発生し機能を阻害してしまうことです。

よく聞くのが、脂肪肝インスリン抵抗性などですね。

また、余った脂肪は筋肉にもついていきます。霜降り肉なども運動せずに、食事を大量に取った結果の肉のことです。

筋肉に脂肪がつくことでも、筋発揮効率の低下が出現します。正確にいうと筋肉になるはずの細胞が脂肪に切り替わるので、筋肉自体が細くなってしまうんです。


しかし、筋肉内の脂肪となった細胞も、運動をすることで再び筋細胞となることが、示されているのであきらめずに運動をしてみてください。続けていくことで変化が出てくるはずです。

質の高い筋肉には何が必要?筋肉量増加につながるポイント、今日から始めたいボディワーク! - こちゃろぐ



トランス脂肪酸 排除の方針

biz-journal.jp

ビジネスジャーナルでも何度か、記事になっているトランス脂肪酸。

今回は、WHOの指針について記事にしています。内容は、摂取する油を見直し、トランス脂肪酸を排除していこう。みんなで正しい知識を身につけていこう!といった内容。

健康についての知識は、持っているかどうかで今後の人生が変わっていくといっても、過言では無いと思います。

口にしたもので体はできています。自分の食事を見直し、生活をより良いものにしていきましょう。

体型維持をするためには。目の前にあるジュース、そのジュースはあなたですか? - こちゃろぐ


それでは、最後までありがとうございました。