運動の重要性は脳科学の観点からも明らかに。運動は万能薬になる。

f:id:kazu532120:20180719124851j:plain
運動の重要性は、現在になって見直されています。

また、最近では負荷量の高い運動でなくても、効果があるということがわかり、作業中の立位の時間やこまめに運動をすることが推奨されてきています。

今回は、新しい運動技能を効率的に覚えるにはどうしたら良いか、についてニュースがあったので紹介していきます。


運動の重要性

時間をとって運動をすることは、そういった習慣がない方にとっては、とても大変なことでしょう。

しかし、現在言われているのは、作業の合間などに立位時間を少し作るだけでも、効果があるということです。

NEATの思考というのもあり、以前の記事でも書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事>>>【ニートの思考で健康的に?】健康は日々の意識付けから、無理なく続けて老化を防ぐ! - こちゃろぐ 情報シェアと実践ブログ


運動によって受ける恩恵はさまざまなものがあり、運動は万能薬と言われる所以でもあります。


運動のメリット

運動のメリットをここであげてみましょう。

  • 気分転換・ストレスの軽減につながる
  • 痛みの抑制
  • 適度な運動でのアンチエイジング
  • 脳機能の活性化効果
  • 体力の増加

とりあえず、5個あげてみましたが、各分野ごとに分けると沢山出てくることでしょう。

なにより、運動は人としての活動なので、運動の際に使用した機能の改善およびに向上を狙うことができます。

反対に、不活動などで動かない時間を作ると、体は使われなくなるのでどんどん退化していきます


いわゆる老化というのは不活動でも生じてしまうんです。

関連記事>>>アンチエイジングは本当にできる?老化の原因から考える若返り方。 - こちゃろぐ 情報シェアと実践ブログ


技能の習得にも運動を挟むことで効率化される

f:id:kazu532120:20180719124913j:plain
運動についての効果は、新しい技能の習得にも関連してくるようです。

それは、以前記事にも書いた『グリア細胞由来神経栄養因子』の影響かもしれません。

脳細胞の可能性。神経の栄養は運動によって得られる。 - こちゃろぐ 情報シェアと実践ブログ




内容は以下のようになっています。

何か新しい運動技能を習得したい場合には、練習直後に短時間のエクササイズを行うのが有効なようだ。15分程度のエクササイズが脳の連携と効率を高め、得た技能を長期的に維持させる可能性が初めて明らかになった。カナダ・マギル大学の研究。
出典元:新しい運動技能のマスターには練習「後」エクササイズが有効:世界の最新健康・栄養ニュース

今回は、ゲームを使用しての検証ですが、新しい技能の修得にも運動を挟むことで、習得の速度が早くなることが示唆されています。


脳の活性化はさまざまな機能を使うことが必要

運動による脳の活性化。

多感覚統合の話でも述べましたが、脳はさまざまな機能が集まってできています。

一つの運動を通しても、各機能がそれぞれで働き、その情報を統合させて運動出力を行なっています。


そのため、微小な脳梗塞でも、思わぬところで機能障害が発生してしまうんです。

今回の研究で示唆されたのは、一つの技能の修得においても運動(エクササイズ)を挟むことで、修得速度を挟み、その効果が持続していくということ。

何かを修得したいと思っている人は合間に、軽い運動を挟むことが良いでしょう。

まとめ

技能修得と運動との関係。

また、今回は睡眠についても関連性があることを示唆しており、脳をいかに効率的に使っていくかが求められてきます。


今回のまとめ

  • 技能修得には、エクササイズを挟むことで効率が高くなる
  • 運動による神経栄養因子が関連している可能性が
  • エクササイズを挟むことで技能習得の効果が長くなる


何か始めたい人や、取り組んでいる人は合間にエクササイズを挟んでみてはどうでしょうか。

私も取り入れていきます。

それでは、最後までありがとうございました。