スマホのブルーライトで失明が高くなる可能性

f:id:kazu532120:20180816182640j:plain
いまやほとんどの人が使用しているスマートフォン。
この液晶に使われている可視光線のブルーライトによって、失明のリスクが高くなることが示唆されています。

今回は、スマートフォン、PC、テレビなどから発せられるブルーライトについての危険性について書いていきます。

ブルーライトとは

f:id:kazu532120:20180816182757j:plain
ブルーライトとは、人が見れる光線。いわゆる可視光線と呼ばれているものですが、その可視光線のうちもっとも強い電磁波であるとのこと。

しかも波長が短く、エネルギーが強いため、人体にとって悪影響を及ぼすと言われています。
このブルーライトは現代において、避けることはほぼ不可能であるため、長時間の作業をした後は休憩をとることが推奨されています。


強いエネルギーにさらされた後は、休憩をとりストレスの緩和をすることが重要になって来ます。
これは、ブルーライトだけでなく長時間の屋外の作業でも同様で、強い光を見た後は休息をとることが推奨されています。

ブルーライト研究会というのもあるそうで、参考にしてみてください。

blue-light.biz


ブルーライトで失明の可能性

f:id:kazu532120:20180816182703j:plain
スマートフォンなどから発せられるブルーライトから、失明を早くする可能性があることが発表されました。
以前より、PCメガネ等が販売され、その影響については対策がとられていましたが、失明を早くするとはとても怖いことですね。

発表は以下の通りです。

 携帯電話やノートパソコンの画面を長時間見続けることによって、失明が早まる可能性があるとする研究論文がこのほど、英オンライン科学誌「サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)」に掲載された。
出典元:スマホのブルーライトで失明早まる可能性、研究(The Telegraph) - Yahoo!ニュース


強いエネルギーに晒されると人体は、炎症を起こしてそのエネルギーを受けた反応を起こします。
特に、このブルーライトは波長が短く、エネルギーが高いとのことで眼、が受けるストレスはとても高いものです。

炎症が長時間続くことは、身体の酸化につながりますからストレスを受ければ受けるほど機能に障害がおこるわけです。

関連記事>>>アンチエイジングは本当にできる?老化の原因から考える若返り方。 - こちゃろぐ

関連記事>>>認知症に関連する物質の沈着も抑制?注目の成分『ノビレチン』 - こちゃろぐ


健康的な食生活で眼を守る

f:id:kazu532120:20180816182836j:plain
眼球を守るために、スマートフォンを使用する頻度を下げる、夜間の使用を避けるなども重要です。
また、健康的な食生活でも眼を守ることもできます。

研究チームは、18件の質の高い研究について系統的レビューを実施した結果、地中海型食生活スコアが高いことが、加齢黄斑変性の進行リスクが低いことに関連していることを発見したという。また東洋型(オリエンタル)食生活パターン(野菜、豆、果物、全粒穀物、トマト、魚介類が豊富)も加齢黄斑変性の低いリスクと関連していた。
出典元:健康的な食事は目の病気のリスクを下げるかもしれません:世界の最新健康・栄養ニュース

加齢生黄斑変性はブルーライトの影響も示唆されていますので、食生活を変えることは、眼を守ることにおいても大事になって来ますね。


それでは最後までありがとうございました。