癌治療の新しい可能性。的確な治療が治療効果を高める。

f:id:kazu532120:20180818095646j:plain
癌治療において、抗がん剤の使用は慎重に行わなくてはいけないものです。
しかし、抗がん剤を試してみても自分の癌とは相性が合わず結局効果がなかった。なんてことも。

特に、多臓器に転移している場合、抗がん剤の投与は体に大きな負担がかかるため、慎重にならなくてはいけません。

今回、その癌治療において、抗がん剤の効果を高める新技術の研究について紹介していきます。


抗がん剤治療の実際

抗がん剤治療を行う際には、かなり慎重に行わなくてはいけません。
抗がん剤による治療は、正常細胞も壊してしまうからです。

がんは悪性の組織が増大してしまったもので、その組織があることによって、他臓器の機能を阻害してしまうことになります。

そのため、癌治療を行うのですが、ガン自身も自分の身体の一部なわけで、悪性の組織のみを壊す薬物治療はとても難しいのです。
そのため、抗がん剤治療は自分自身の正常な細胞も壊す事になるので、身体にとってかなり負担となってしまいます。


また、抗がん剤自体が効かない。とのニュースもあるなどその実際について議論するべきだと思います。
患者や家族自身が抗がん剤によって、何を期待するか治療者とよく話し合うことが重要だと思っています。


ガン治療の新技術

f:id:kazu532120:20180818100154j:plain
癌治療における薬物療法は自分自身にも負担が大きいものです。
悪性の組織だけでなく、正常細胞も壊してしまうからというのは先程も書きました。

そもそも癌というのは、自分自身の身体の一部なわけですから、悪性の組織のみに効果を出すのはとても難しいことだと思います。

関連記事>>>糖尿病患者と複数疾患


そのため、抗がん剤治療はとても慎重に行わなくてはなりません。
しかし、投与してみないとその薬効については個人差があるため、確認ができませんでした。

その問題を解決するため、現在このような研究がされています。

 京都大学大学院医学研究科の武藤(たけとう)誠特命教授らは、手術で摘出した大腸がんを短期間かつ低コストで培養し、抗がん剤の効果を予測する薬剤感受性試験を開発した。
出典元:患者本人のがんで薬効試験


本人の組織を培養し、その薬効について確認するため、薬効があるかどうかが高い確率で確認できるようです。

この技術が臨床で使われるようになれば、治療効果が高まるほか、無駄になってしまう治療費の削減もできると思います。
癌患者の負担軽減の他に、医療界においてもとても有意義な研究であるといえるでしょう。

癌治療は長期間となると、費用面と身体面共にとても負担が大きいものです。
臨床での効果に期待していきたいところです。


生活週間からガンを予防する

f:id:kazu532120:20180818100209j:plain
癌はいわゆる生活習慣病によって、発症リスクがかなり高くなっていきます。
タバコ、飲酒、過食、運動不足など。

癌治療についての新技術の開発は、様々なものが出て来ていますが、予防が第一です。


正しい生活週間でその発症リスクはかなり下げることができます。
癌は正常な代謝が起こらなくなるだけでも、悪性の組織が増え発症リスクが高くなります。

正常な組織の代謝が起こらない結果、悪性の組織が増えてしまうわけです。

関連記事>>>生活習慣の見直しは、コスパの良い自己投資。 - こちゃろぐ


まずは、睡眠、食事、運動を意識するようにし、難しければどれか1つでも生活に取り入れてください。

それでは最後までありがとうございました。