糖質制限は本当に健康によい?死亡リスクから糖質制限食のリスクを考える

糖質制限が流行しはじめてから、最近はコンビニなどでも健康を意識した商品を良く見かけるようになりました。

中には良くわからないけど、糖質制限食は良いからと取り入れている人もいるんじゃないでしょうか。

現在の日本では、飽食時代と言われており殆どの人が過剰なエネルギー摂取をしています。


その中で、糖質制限という考えはとてもよいと私自身は思っています。

特に手っ取り早く摂取しやすいのは炭水化物です。

お腹すいたから、おにぎり、惣菜パン、お菓子を食べるなどが多いでしょう。


手軽に食べられることから、生活に多く取り入れられますが、これらの生活をしていると明らかに過剰摂取になってしまいます。

今回は、いくつかの報告を元に糖質制限について考えて行きたいと思います。


糖質制限は効率の良いダイエット

個人的には、糖質制限推奨派であり、ダイエットを行なうに当たって取り入れたい食事法だと思っています。

なぜなら、糖質は現代は過剰に摂取してしまっている状態が多く、それにより糖質のみが過剰摂取になり低栄養状態になるからです。


栄養状態を良好に維持するには、バランスの良い食事を取ることが必要であり、偏った食事は体への悪影響が多いです。


ダイエットは人により目標体重が異なると思いますが、糖質制限を取り入れること効率良く体重を減らすことができます。

糖質制限は、以下のようなメリットがあります。


  • 脂肪の蓄積を抑制
  • 血流の改善
  • 体温の上昇


主に糖質摂取によるAGEsの蓄積が減少することにより、脂肪の蓄積以外にも良い影響があります。

特に、血流の改善、体温の上昇により代謝の良い状態を作ることができ、ダイエットをする体づくりにおいてもってこいなんです。



過剰な糖質制限は糖尿病リスクを上昇?