【長寿かどうかは母親が決める?】環境で変わる健康寿命

f:id:kazu532120:20180907125542j:plain

高齢社会はどんどん進んできています。

健康に対する意識は、国民全員が意識しなくてはならない時代です。

健康かどうかも自分の行動や生活でかわってきますから、一人一人の意識が重要なのは間違いないです。


一人一人の行動が集団の意識に変わり、多くの人の行動に変化が起こることだろうと思います。

今回は、健康寿命と母親との関連。

どうやら、母親が健康的であり長寿な人は、自分自身も長生きする傾向にあるようです。


それでは紹介していきます。

母親が長寿な女性は長生きするかも?

環境による健康への影響はさまざまな視点から研究されています。

今回は、母親の寿命とその子供との関連について。


母親は料理をつくることが多く、家庭での栄養は母親の料理に左右されることが多いでしょう。

そのため、肥満に関しても夫婦で関連していることが多いです。

母親がどういった生活環境であったか、どういう嗜好だったかどうかによって生活習慣は大きく変わることが予想されます。


今回の研究は以下のようなことが示唆されてようです。

母親が90歳を超える長寿だった女性は、本人も同じように長生きできる可能性が高いことが、米カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)家庭医学・公衆衛生学部のAladdin Shadyab氏らによる研究で示唆された。
出典元:母親が長寿の女性は健康に長生きできる?|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

遺伝子による影響のほかに、栄養や運動習慣なども大きく関わってくるだろうと思います。

自分が健康で長寿にいきているとその周りにも影響してくるのでしょうね。


父親が長生きでも寿命が延びる?

f:id:kazu532120:20180907125602j:plain
母親が長生きだと長生きであることは紹介しましたが、どうやら父親のみが長生きの場合はそれに該当しないようです。

おそらく、母親が料理など家事をしていることが多い事が関連しているのだろうと思います。

肥満においても、同様のことが示唆されています。
【夫婦は似てくる?】病気の発症リスクも共有してしまうかも!? - こちゃろぐ

しかし、母親同様に父親の生活習慣も子供に影響することは考えられるため、子供への食育、運動習慣の指導は必須と言えるでしょう。