こちゃろぐ

身体を整え人生を楽しく生きるためのブログ

子育て支援も最新テクノロジーを導入。両親の負担を軽減し良好な親子関係に!

f:id:kazu532120:20181016100722j:plain

金融とテクノロジーの融合

フィンテックの登場により、金融機関の流れては大きく変わりました。

以前までは、銀行の利益重視で行なっていた、営業も低金利時代が続き顧客もどんどん離れていっています。


そんななか、子育てにもさまざまなテクノロジーが導入されています。

子育てにおいては、はじめての子供はもちろんのこと、はじめてのことが多いです。

子育ては体力勝負、というように実践して子育てを学んでいく。子供にとって何が良いか、自分の身を粉にして子育てをする。


子育ては達成感が現れるまで、とても時間がかかることがあります。

そのため、子育て中は両親ともに疲労してしまうものです。

そんなか、今注目されているのが、子育て支援の技術。


ベビーテック。

今回は、ベビーテックについて紹介します。

日本人は手間をかけることが美徳とされる

f:id:kazu532120:20181016100741j:plain


昔より、手間がかかったものが良いとされるのが、日本人の特徴です。

手間をかけて作ったものが、良しとされる。

努力が成果とならなくても、その努力が評価される。


こういう日本独特の美徳感覚はとても良いことだと思います。

努力を惜しまず行うことによって、得られる成果はとても価値のあることです。

何にも変えられないものがあるでしょう。



しかし、この手間がかかること、身を粉にして働くことを良しとしてきた風習は、体にとってとても負担になります。

特に子育てもそれにあたるでしょう。

核家族化が進み、以前のように自分の親に見てもらうことも少なくなりました。






母親が一人で家事、育児、仕事を行なっているところも少なくありません。

それが美徳とされてきている時代が、長かったため苦労話が良しとされてしまうんです。

しかし、これは日本独特のもののようです。欧米では、周りが協力して子育てを行うのが一般的です。


早期から仕事復帰し、ベビーシッター等を雇って両立させていくのです。



子育てにも技術を導入

f:id:kazu532120:20181016100755j:plain

そんな流れをどうにかしようと、立ち上がった企業があります。

その名も子育Tech(こそだてっく)委員会

語呂もいいですね。



子育てにかかる手間をテクノロジーで解決し、良好な親子関係と子育てにゆとりを。

こういうコンセプトのもとたちがあった団体のようです。

今後の活動に期待です。




子育ても栄養が基本

f:id:kazu532120:20180925120954j:plain

子供を元気な粉に育てることにおいてやはり、栄養が大事です。

しかし、子供の気分はコロコロ変わるもの。

お腹が空いているのに『食べない』『これは嫌い!』こんなことはしょっちゅうありますよね。


せっかくつくったのに食べてくれないなんてことも。

さらに、栄養管理を重視していくのは重要ですが、お金も気になるもの。

毎回、肉、魚、野菜と気にしていたら食費だけで家計を圧迫してしまいます。

こういう時は、サプリを活用するのが一番です。

私自身もナッツやカカオ100%のチョコ等を使用していますが、足りない時はサプリを使用しています。


子供にはこのサプリがオススメです。



これからの季節、風邪を引きやすくなります。

予防接種も重要ですが、やはり栄養をきちんと取ることがまずは大事です。

良好な栄養状態が、良い心と体を作ります。



両親の栄養もサポート

f:id:kazu532120:20180929221610j:plain

子供の栄養管理も重要ですが、やはり子育てをする親世代の栄養管理も重要です。

なにより、子供を守るのは、親です。

その親が栄養不足している状態では、とても子育てはできません。


自分自身の管理ができてこそ、子育てが充実してきます。

このサプリはオーガニック素材を使用しています。
元気な赤ちゃんのためにたっぷりの栄養を【ALOBABY葉酸サプリ】

以前も紹介したアロベビーの商品です。

国産オーガニックコスメ『アロベビー』赤ちゃんの敏感肌にも使える。悩んでいた乾燥肌の対策にも。 - こちゃろぐ




摂取するものを選ぶ時代に

現代は食事を取ろうと思えばすぐに手に入ります。

とても便利な時代になったと言えるでしょう。

しかし、それによる弊害も多いものです。


いまや、先進国では飢餓で亡くなる人より、肥満が原因で亡くなる方の方が多いと言われています。


そんな時代だからこそ、自分が食べるものは気にしていくべきだと言えるでしょう。

添加物を見る習慣は自分を守ってくれるかもしれません。

それを子供に教えていくことで、その知識が受け継がれていきます。


良い習慣が子育てへとつながっていきます。



www.kazu5321.com
食育ってなんだろう【勉強意欲にも関連が?】 - こちゃろぐ

こちゃろぐを書いている人
id:kazu532120

自分のぼろぼろの体を何とかするために理学療法士に!身体を整え人生を楽しくすることを目標に活動中。施術予約・問い合わせはお気軽にどうぞ!他職種やいろいろな方との交流大歓迎です。